花筏ブログ

2012 07.24 ちびっこプレゼント☆

夏休みですね!
これからはお子様連れのお客様も増え、
館内も賑やかになることでしょう♪
当館はこじんまりとした宿で、
他の大きな旅館さんみたいにロビーで縁日をしたり、
イベントをしたりすることができません。
でもせっかく来て下さったお子様に少しでも楽しい思い出を持って帰って頂きたいと思い、
この時期にお越しいただいた小学生以下のお客様全員に、
小さなプレゼントをご用意しています。
それは「花火」と「かき氷」
DSC_2586.jpg
花火は当館から少し出たところでお楽しみいただくこともできます。
ありふれたものですが、
旅先で楽しむ花火、旅先で食べる氷は格別なのでしょう。
みなさまとても喜んでくださいます(^^)
嵐山で花火、なかなか風情があると思いませんか♪♪
日が暮れると川辺を吹く風がとても心地いいですよ♪

2012 07.21 夏の風物詩

今年も玄関に南部鉄器の風鈴を取り付けました。
リーン、リーンという鈴の音が清涼感を感じさせますね☆
DSC_2575.jpg
でもなかなかちょうどよく風が当たる場所がなく、
ベストポジションが見つけられず3回ほど付け直しをしました。
今朝の大雨みたいなのが来れば一気に飛ばされてしまうので位置には気を使わないとね(^^)b
ちゃんと音が鳴るか仲居のあすかちゃんが試してくれてます。
…でも若干届かずヒイヒイ言ってました。
がんばれがんばれ(-_-)/~~~
IMG_5477.jpg
館内にはあと3つ同じ風鈴がかかっていて、
 涼しげな音色を響かせています。
どこにあるのか探してみて下さいね♪

2012 07.19 花筏のお隣には・・・

花筏のすぐ横には、嵐山モンキーパークの入口があります。
DSC_2542.jpg
現在、このモンキーパークには餌場を中心に約170頭の野生のニホンザルが
生活しています。
サルを飼っているのではなく、野生のサルを管理している、というかんじ。
一頭一頭すべてに名前がついていて、生まれた日もちゃんとわかっています。
そのため、サル学研究の場としても貴重な群れとなっているそうです。
入口からは遊歩道・・・といってもかなり本格的な山登りですが(^_^;)
を20分ほどのぼると、
休憩所・展望台があります。
DSC_2536 (2).jpg
休憩所は金網が張り巡らされた小屋で、
人間が中に入って外にいるおさるさんに餌をあげることができます。
展望台からは比叡山をはじめ京都市内を一望でき、
かなりの絶景ポイントです☆
園内には数百本のモミジがあり、紅葉の季節はまた格別(^^)
現在、このモンキーパークには展望台付近の餌場を中心に
約170頭の野生のニホンザルが生活しています。
サルを飼っているのではなく、野生のサルを管理している、というかんじ。
一頭一頭すべてに名前がついていて、生まれた日もちゃんとわかっています。
そのため、サル学研究の場としても貴重な群れとなっているそうです。
海外には動物園はあるけど、このように檻に入っていないおさるさんを見る機会がないそうで、
このような施設はとても珍しいんですって。
(だってニホンザルは日本の猿ですもんね)
だから海外の方、ものすごくよく行かれています。
お子様がいらっしゃる方などはぜひ一度、訪れてみて下さい。
ただ、本当に山道なのでベビーカーでは行けません。
それから、おやつなど食べ物は鞄の中に隠しておかんとあきませんよ!!
山登りで汗をかかれた方は当館の温泉へどうぞ♪
「嵐山モンキーパークいわたやま」
 http://www.kmpi.co.jp/
〒616-0007
京都市西京区嵐山元録山町8
℡&Fax075-872-0950
開館時間  3月15日~11月20日 9:00~17:00
      
       11月21日~3月14日 9:00~16:00
入園料   大人(高校生以上) 550円 こども 250円
交通機関    阪急嵐山駅より徒歩7分 
        京福嵐山駅より徒歩5分
        JR嵯峨嵐山駅より徒歩15分

2012 07.18 濁流の後は・・・

当館のすぐ横のモンキーパーク入口前から
大堰川に流れ込む小川にかかる木に
先日の大雨の濁流で流されてきた枝達
たくさん引っかかっています。
IMG_2415.jpg
毎年6月の夕暮れには蛍が飛び交う隠れスポットにもなっています。
枝を取り除いてキレイにしてあげたいのだけれど、
まだまだ水の量が多く、
道からも遠く足場がない場所なので近づくこともできません。
こちらは、「大堰川」が「大堰川」と「桂川」に分かれる地点。
ここにもたくさんの木々がひっかかったままです。
DSC_2533.jpg
ここからの景色は絶景なので、
普段はここで休憩したり絵を描いたり写真を撮ったりされるポイントなのです。
はやくいつもの美しい嵐山の山々と大堰川・桂川の情景に戻りますように・・・

2012 07.14 天龍寺の蓮が見頃です♪

嵐山にあります「臨済宗大本山天龍寺」の入口からほどなく進むと、蓮池がございます。
今ちょうど蓮の花が見ごろを迎えています。
534640_335285879889082_1073144116_n[1].jpg
池の左側は白色の蓮の花が、右側にはピンクの花が開いています。
ぼーっと眺めていると、蓮の葉が左右に動いたので
その先を見てみると、池の中には大きな鯉が泳いでいました。
それも何匹も!
こちらの蓮池は無料で立ち入れる所にありますので、
嵐山散策のついでにぷらっと立ち寄ってみてください。
「天龍寺」は世界文化遺産にも登録されている、
お庭と天井の雲龍図が有名なお寺です。
嵐山観光には欠かせません!
  フロント H
「臨済宗天龍寺派天龍寺」
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
  電話:075-881-1235
   http://www.tenryuji.com/index.html
参拝時間 8時30分 ~ 17時30分(17時30分に閉門)
※10月21日から3月20日までは17時に閉門
参拝料     庭園(曹源池・百花苑)
          高校生以上:500円
          小・中学生:300円
          未就学児 :無料
 諸堂参拝(大方丈・書院・多宝殿)
      上記料金に100円追加
 法堂「雲龍図」特別公開
 一人500円(上記通常参拝料とは別)
※土日祝日のみ(春秋には特別公開あり)10時から15時30分

2012 07.13 インスタントラーメン発明記念館☆

仕事で大阪の池田へ行ったついでに、
以前から気になっていた
『インスタントラーメン発明記念館』へ行ってきました♪
DSC_2468.jpg
建物の前にはインスタントラーメンの発明者の「安藤百福(あんどうももふく)」さんがラーメンの上に立っておられました。
この安藤百福さん、池田市の小学生は学校で習うので全員知ってるんですって!
DSC_2470.jpg
こちらなんと入場料無料!
入るとすぐ、インスタントラーメン・トンネルが。
日清食品の歴代の製品の実物パッケージがずらっと並んでいました。
こんなん見るとワクワクします♪♪
DSC_2498.jpg
行ったからにはオリジナルカップヌードル作らんとね。
いつもすっごく並んでるらしいですが、運よくほとんど並ばずに作ることができました。(帰りに見たら60分待ちになってました-_-;)
300円でカップを購入。
自由にデザインします。私はエゴコロないからこういうのは苦手(^^ゞ
だから画像もなしです(笑)
カップができたらいよいよ中身を詰めてもらいます♪
麺がいっぱい。
麺好きの私にとったらなかなか惹かれる光景です☆
DSC_2480.jpg
お好みのスープと、具材を4種類選ぶことができます。
DSC_2473.jpg
シーフード・カレー・チリトマト・・・
いちばんオーソドックスなスープ、なんて言います?
スープや具材を入れてくれるお兄さんに「普通の」って注文すると、
「みんな普通の普通のって言わはるんですけど、これは醤油味なんですよ」
ってツッコまれました(^^ゞ
DSC_2483.jpg
ふたを付けて真空パックされたら、
DSC_2491.jpg
中がバリバリにならないように空中に浮かせて持って帰れる裏技!
よお考えてあるわあ☆
DSC_2495.jpg
あらかじめ配られた袋にラーメンを入れて、これで空気をいれると・・・
DSC_2494.jpg
はい。できあがり☆
DSC_2492.jpg
カップヌードル中身はこんなんです。
DSC_2506.jpg
こちらは予約制ですが、自分で麺からチキンラーメンが作れる
「チキンラーメンファクトリー」
DSC_2510.jpg
DSC_2516.jpg
その他、さまざまなものが展示されていたり、クイズ方式で説明されていたり、とって楽しめます♪
野口さんが宇宙に持っていかはったラーメン。
すごいですよね。
DSC_2505.jpg
これかわいい(*^^*)ずっと見ていても飽きません
DSC_2507.jpg
ラーメン鉢も売っていました。
値段見てびっくり!!
DSC_2508.jpg
平日にもかかわらずたくさんの人でしたが、
楽しいひと時を過ごさせていただきました。
大阪池田までは嵐山から車で行くと、ほんの一時間で着きます。
帰りにちょっと寄って行かはりませんか?
インスタントラーメン発明記念館
大阪府池田市満寿美町8-25
最寄駅 阪急電車宝塚線「池田駅」下車
   (阪急梅田駅から急行で約20分)
    満寿美町方面出口から徒歩約5分
開館時間 9時30分~16時(入館は15時30分まで)
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日が休館)
    年末年始
http://www.instantramen-museum.jp/
ひよこちゃんも「来てね」って行ってます(^^)
DSC_2513.jpg

2012 07.11 嵐山の夕日

全国夕日百選というのがありますが、
ここ嵐山の渡月橋の上から見る夕日もなかなか綺麗ですよ。
小倉山の奥に沈みゆく太陽、それに照らされまぶしく輝く川面、
何とも言えない光景です。
この景色を眺めながら渡月橋を歩くと一日の疲れが癒えるのです。
 フロント H
599782_334109340006736_1556195030_n[1].jpg

2012 07.10 天まで届け☆

6月の中頃から店の前に笹を飾り
たくさんの方から書いていただいた短冊を
お伝えしていました通り
昨日、野々宮神社の宮司さんに加持祈祷をしていただいた後、
焚き上げました。
皆さんの願いが叶いますように☆
DSC_2422.jpg
嵯峨幼稚園の園児さんもかわいい歌を聞かせてくれました。
DSC_2424.jpg
幼児さんによる笹の奉納。
必死で写真を撮るお母様方の姿がどこか懐かしかったです。
DSC_2429.jpg
その後点火。
よお燃えます。お願い事、天までとどけ~~
DSC_2432.jpg
この上下の写真には知る人ぞ知る!?おもしろい出来事が潜んでいます(^m^)
よく見比べていただくとわかるかも??
DSC_2433.jpg
ひとつ残らず、きれいに見事に焼き尽くされました☆
DSC_2437.jpg
彦星様、織姫様、また来年(^^)/

2012 07.07 おかみ号お次は青蓮院へ

いとをかし女将おすすめ夏号、比叡山延暦寺の次は『青蓮院門跡』に行きます。
DSC_2378.jpg
青蓮院門跡は、天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡の一つとして古くから知られ、
現在は京都五箇室門跡の一つに数えられています。
室町時代に相阿弥によって造られたとされる美しい庭園と
国宝の青不動明王二童子像が見どころのお寺です。
DSC_2379.jpg
入り口ではこんなに立派な楠がお出迎えしてくれました。
DSC_2375.jpgDSC_2377.jpg
木村英輝さんによる襖絵。
色鮮やかで斬新でとても素敵☆
この、開放感のあるお寺によく似合っていると思いました。
どれがお好みですか?
DSC_2385.jpg
DSC_2393.jpg
DSC_2395.jpg
私のつたない写真では色が全然美しくありません。
実物はもっと色鮮やかで美しいのです。
ぜひご自分の目で見に行かれてください!
緑あふれるお庭。心が洗われます(^^)
DSC_2382.jpg
DSC_2390.jpg
海外の方もたくさん来てはりました。
のんびりまったりしてはります。
お寺に癒されるのは世界共通のようです。
DSC_2388.jpg
とってもかわいい妖精さんが紛れ込んでくれました♪
DSC_2396.jpg
『青蓮院門跡』
拝観時間9:00~17:00(16:30受付終了)
春・秋に夜間ライトアップを開催しています。
拝観料金個人:大人500円 中高生400円 小学生200円
団体(30名以上):大人450円 高校生350円 中学生300円 小学生200円
寺院団体(10名以上)400円
交通京都市営バス5・46・100系統 「神宮道」下車 徒歩3分
地下鉄東西線 「東山駅」下車 徒歩5分
円山公園から徒歩10分 知恩院北隣
お問い合わせ先075-561-2345(青蓮院門跡)
http://www.shorenin.com/

2012 07.06 おかみ号比叡山へ行く

エースJTBさんの無料オプション、
いとをかし女将おすすめ号は夏と冬の月曜日と金曜日に運行されており、
毎回京都の旅館の女将が二名ご一緒させていただきます。
今日はその当番の日で、いとをかし号に乗車してきました。
今回はお客様が個人ではなかなか行きにくい『比叡山延暦寺』と、
東山にある、庭園が見事な隠れた名刹の『青蓮院門跡』です。
まずは比叡山延暦寺へ。
比叡山延暦寺は世界文化遺産です。
伝教大師最澄が品格的にこの山を開き、現存の本堂・根本中堂を創建したのがその歴史的背景です。
「延暦寺」というお寺があるわけではなく、
比叡山は大きく三塔(東塔・西塔・横川)の地域にわけられ、
これらを総称して比叡山延暦寺といいます。
今回はそのメインともいえる、東塔へ。
まずはそれぞれの宗派を開かれたお祖師像が安置されている大講堂。
DSC_2355.jpg
雨が止んだと思ったら、また急に強く降りだしたり、変なお天気でした。
その分、霧がかかってものすごく神秘的な景色が広がっていました。
DSC_2356.jpg
本来ならこの先に琵琶湖が見えるはず・・・
DSC_2357.jpg
そして比叡山延暦寺の総本堂国宝根本中堂。
ご本尊の秘仏薬師如来をまつる宝前には1200年守り継がれている「不滅の法灯」があります。
つまり、1200年灯し続けられている火があるのです!
DSC_2359.jpg
DSC_2369.jpg
お昼は敷地内にある延暦寺会館で精進料理をいただきました。
比叡山の湧水で調理されたお料理、とくにくみあげ豆腐がおいしかったです♪
DSC_2374.jpg
比叡山延暦寺から山を下り、おつぎは青蓮院門跡へ。
お庭がとても素敵なお寺でした。
DSC_2378.jpg
こちらの報告はまた次回・・・
お寺ってなぜか落ち着きます。
近年、パワースポットが流行っていますけど、
お寺は、特に日本人にとってはどこもパワースポットなんじゃないかと思います。
たまにはお寺巡りしてみるのもいいいもんですよ♪

カレンダー

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログ内検索