花筏ブログ

「嵐山散策のおすすめ」の記事一覧

2013 11.28 天龍寺塔頭 宝厳院

花筏から渡月橋を渡ってそのまま川上へ・・・
徒歩5分程の所に
天龍寺塔頭の「宝厳院」があります。
普段は非公開のお寺ですが、桜や紅葉の季節だけ特別公開され、
毎年すごい行列ができています。
フロントの石〇君も先日、夜の特別拝観に行ってきたそうです。
IMG_3743.jpg
感想は、
 とにかく美しい!!!!!
とのこと。 
広い庭の真っ赤に色づいたもみじがライトアップされ、
とても幻想的な雰囲気に包まれています。
IMG_4451.jpg
京都の紅葉のライトアップは沢山ありますが、
個人的には宝厳院が一番綺麗だと思う。
とも言っておりました。
IMG_4042.jpg
期間は12月8日までです。
紅葉は今が見ごろです!
IMG_5588.jpg

2013 05.17 モミジの実

最近、モミジを近くでご覧になりましたか?
今、美しい新緑の上に、
赤くて可愛らしい羽根みたいなのが付いています。
DSC_0885.jpg
モミジの実です。
まるで赤いタケコプターのよう。
たまには歩くスピードを緩めて、ゆっくり観察してみて下さい(^^)
花筏前.jpg

2013 03.05 嵐山 朝さんぽ

嵐山の朝さんぽ、新鮮な空気を吸い放題です。
時には風があり、とても寒い日もありますが、
キリッとした空気でそれくらいがちょうどいいかもしれません。
過酷な状況を耐え抜いた先の達成感は、素晴らしいものがあります。
そんな散歩がてら、嵐山の代名詞「渡月橋」から一枚。
朝靄かかる小倉山です。
IMG_0275.jpg
仙人がいそうな雰囲気が漂っています。。
もののけ姫が頭に浮かびました(^^)

2012 12.05 嵐山のエコ

嵐山と言えば「竹林と渡月橋」と思い浮かぶ方もおられるかと思います。
この渡月橋から上流を見ると堰(せき)があり、
この川の落差と水流を利用した、
小水力発電機が設置されているんです。
643928_379184715499198_868189298_n[1].jpg
ここで発電されたエネルギーは、
夜になると渡月橋に設置された照明に利用されています。
照明は全部で6色あり、数カ月に一回色が変わります。
どの色も幻想的に橋を照らしてくれています。
お気に入りの色を見つけてみてくださいね☆
小さなエコ活動ですが、
最近では全国の自治体から視察に来られるほど注目されているんですよ!!
23947_379187658832237_1280219895_n[1].jpg

2012 12.05 渡月橋の秘密

嵐山と言えば「竹林と渡月橋」と思い浮かぶ方もおられるかと思います。
この渡月橋から上流を見ると堰(せき)があり、
この川の落差と水流を利用した、
小水力発電機が設置されているんです。
643928_379184715499198_868189298_n[1].jpg< ここで発電されたエネルギーは、 夜になると渡月橋に設置された照明に利用されています。 23947_379187658832237_1280219895_n[1].jpg
照明は全部で6色あり、数カ月に一回色が変わります。
どの色も幻想的に橋を照らしてくれています。
お気に入りの色を見つけてみてくださいね☆
小さなエコ活動ですが、最近では全国の自治体から視察に来られるほど注目されているんですよ!!

2012 09.25 ちはやふるの世界

ちはやふる」 という漫画はご存知ですか?
競技かるたをテーマにした少女漫画で、
かるた界の女王をめざす主人公の綾瀬千早を中心に登場人物が成長する
といった内容です。
・・・読んだことはありませんが(^^ゞ
「ちはやふる」の魅力の一つとしてあげられるのが、
迫力ある競技かるたのシーンです。
絵のタッチは少女マンガそのものなのですが、
そこに躍動感あふれる競技かるたの動きが合わさって
独自の世界観を見ることができるのです。
いろんな年代・男女問わず、大きな反響を呼んでおり、今大変人気があるそうです。
その「ちはやふるの世界」展 
が花筏から渡月橋を渡った向こう、
天龍寺さんの近くにある、小倉百人一首殿堂「時雨殿」
で開催されています。
DSC_3077.jpg
競技かるたといえばもちろん百人一首ですからすばらしいコラボですよね♪
漫画の原稿や直筆の絵コンテ。アニメの台本などなど、
ファンにはたまらない内容だそうです。
もちろん知らなかった人も、是非足を運んでみてください(^^)
企画展「ちはやふるの世界」 
       平成24年12月24日(月・祝)まで 
       京都・嵐山 小倉百人一首殿堂 時雨殿 
 
 
にて開催中! 

2012 08.17 従業員御用達の喫茶店

嵐山といえば観光客向けのお店ばかりに見えますが
ちゃんとあるんですよ
地元の人々や嵐山で働く皆々に愛される癒しの喫茶店が♪
阪急嵐山駅前すぐにある「Ranzan(らんざん)」です。
営業時間が9:00~22:00と長めなので
朝出勤のあと遅めの朝食や勤務の後のランやお茶にと
当館従業員御用達のお気に入りの喫茶店でもあります。
お食事はハンバーグやオムライス。
こちらもとってもおいしいですがおすすめは何と言ってもコレ
”フレンチトースト”
215647_346683845415952_1853142777_n.jpg
食パンではなくフランスパンで作られているんです
たっぷりの牛乳や卵などがしみこんでしっとりふわっふわのフレンチトーストに香りのいい紅茶でひと休み。
とろける甘さに疲れも一気に吹き飛んじゃいます♪
 フロント K

2012 07.30 保津川下り再開!!

7月15日の夜中にものすごい雨が降りました。
そのため、嵐山各地で土砂が崩れ、保津川の状態も悪くなってしまい、
保津川下り・トロッコ列車・鵜飼ともに運休を余儀なくされていました。
鵜飼は範囲が広くないこともあり、数日後には復旧され、
今は無事再開されております。
保津川の方は悪くなった場所は重機が入れない秘境の場所が多かったため、
連日船頭さんたちが人力で土砂の撤去作業をされておりました。
そしてようやく川が元の姿にもどってきて、
定員人数を減らしながらではありますが、
本日7月30日より運行が再開されました☆
楽しみにしてこられたお客様もたくさんおられましたので、
本当にうれしいことです(^^)
DSC_2651.jpg

2012 07.19 花筏のお隣には・・・

花筏のすぐ横には、嵐山モンキーパークの入口があります。
DSC_2542.jpg
現在、このモンキーパークには餌場を中心に約170頭の野生のニホンザルが
生活しています。
サルを飼っているのではなく、野生のサルを管理している、というかんじ。
一頭一頭すべてに名前がついていて、生まれた日もちゃんとわかっています。
そのため、サル学研究の場としても貴重な群れとなっているそうです。
入口からは遊歩道・・・といってもかなり本格的な山登りですが(^_^;)
を20分ほどのぼると、
休憩所・展望台があります。
DSC_2536 (2).jpg
休憩所は金網が張り巡らされた小屋で、
人間が中に入って外にいるおさるさんに餌をあげることができます。
展望台からは比叡山をはじめ京都市内を一望でき、
かなりの絶景ポイントです☆
園内には数百本のモミジがあり、紅葉の季節はまた格別(^^)
現在、このモンキーパークには展望台付近の餌場を中心に
約170頭の野生のニホンザルが生活しています。
サルを飼っているのではなく、野生のサルを管理している、というかんじ。
一頭一頭すべてに名前がついていて、生まれた日もちゃんとわかっています。
そのため、サル学研究の場としても貴重な群れとなっているそうです。
海外には動物園はあるけど、このように檻に入っていないおさるさんを見る機会がないそうで、
このような施設はとても珍しいんですって。
(だってニホンザルは日本の猿ですもんね)
だから海外の方、ものすごくよく行かれています。
お子様がいらっしゃる方などはぜひ一度、訪れてみて下さい。
ただ、本当に山道なのでベビーカーでは行けません。
それから、おやつなど食べ物は鞄の中に隠しておかんとあきませんよ!!
山登りで汗をかかれた方は当館の温泉へどうぞ♪
「嵐山モンキーパークいわたやま」
 http://www.kmpi.co.jp/
〒616-0007
京都市西京区嵐山元録山町8
℡&Fax075-872-0950
開館時間  3月15日~11月20日 9:00~17:00
      
       11月21日~3月14日 9:00~16:00
入園料   大人(高校生以上) 550円 こども 250円
交通機関    阪急嵐山駅より徒歩7分 
        京福嵐山駅より徒歩5分
        JR嵯峨嵐山駅より徒歩15分

2012 07.11 嵐山の夕日

全国夕日百選というのがありますが、
ここ嵐山の渡月橋の上から見る夕日もなかなか綺麗ですよ。
小倉山の奥に沈みゆく太陽、それに照らされまぶしく輝く川面、
何とも言えない光景です。
この景色を眺めながら渡月橋を歩くと一日の疲れが癒えるのです。
 フロント H
599782_334109340006736_1556195030_n[1].jpg

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索