花筏ブログ

「嵐山散策のおすすめ」の記事一覧

2011 01.18 “嵐山”のお勉強をしてきました。

今日はうちの旅館のすぐ横の“嵐山”のお勉強をしに、雪が残る嵐山を歩いてきました。
嵐山は国有林なのですが、実は中に入ると蔵王権現という御堂があったり、滝があったり、天龍寺や渡月橋を一望できるスポットがあったり、昔は人々の暮らしに密接して生きていた山なのです。昭和初期の石垣なども残っています。
でも長いこと誰も手を掛けなかったためだいぶ荒れてしまっています。
なんとかこの山を一般の方にも気軽に訪れていただける山に生き返らせたいと、地元住民や専門家の方々は思っているのです。
嵐山は今、野生の鹿の害や、話題のナラ枯れなど様々な問題に侵されているんです。
一番意外だった問題は、「木が増えすぎている」ということ。
さっきも書いたとおり、嵐山は昔はずっと人々の暮らしに密接した山で、人が入って薪などにするために木を切ることによってちょうどいい量の木が維持されていたそうなんです。
それが薪など木を使わなくなった昨今は常緑樹ばかりがどんどん大きくなっていき、
それに伴い地上には日光が届かなくなり、桜や紅葉などを含め、他の木、若い木が育たなくなってしまった、ということだそうです。
そうなると、この常緑樹に寿命が来た時(おそらくほぼ一斉に来る)山に木がなくなってしまう、という事態になってしまうわけです。
なので専門家の指導のもと、常緑樹を減らす計画が進められています。
どの木を切っても山の能力に影響ないか見極めるのもなかなか難しいそうです。
鹿の害というのは、どうやら野生の鹿が増えすぎているようで、芽吹いてきた新芽や草を鹿が根こそぎ食べてしまうのです。
実際に山中に柵で囲って鹿が入れなくしておいた所には30種類もの草が確認できたそうですが、その外はたった2,3種類の草だけしか生えていないそうです。
(余談ですが、この3種類というのは鹿が嫌いで食べない草なんだそうです)
それのどこが悪いのか??
雑草も山のひとつで、雑草が無いと、例えば岩がコロっと転がった時くい止めるものがないということなので、人が歩いている道まで転がり落ちてきてしまったり、地滑りがおきやすくなったり、水を堰き止める能力が弱まったり、、、
と様々な問題が起きてくるのです。
この問題をどのようにしたら解消できるのか、現在いろいろな研究が進められているところです。
見にくくて申し訳ないですが、植物が一定のラインより下にないのがおわかりいただけますでしょうか?
鹿が届く範囲の植物が食い尽くされている証拠です。
TS3R0028.jpg
これはイノシシが掘り起こした跡。イノシシは雑食で土の中のミミズやドングリやキノコなどなんでも食べてしまうんですって。
TS3R0027.jpg
眼下には大堰川、その先に天龍寺の屋根や竹林、渡月橋が望めます。こっちからの渡月橋はなかなか珍しい☆
早く一般のお客様にも見ていただける日が来るといいなあと思います。
TS3R0029.jpg

2010 07.28 夏の嵐山に遊びに来て下さい☆

だいぶお休みしすぎました。申し訳ございません!
またご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
今日は渡月橋を渡ったむこうのお店に用事がありまして、自転車で出かけてきました。
やっぱり川の上は少し暑さが和らぎますね!!
橋の上を走っている時、川上の方からほんの少しではありますが涼しい風が吹いてきて、行き返る心地でした(*^^*)
保津川下りもとても気持ちがいいでしょうね♪
渡月橋のど真ん中から川上を望む☆
CIMG3282.jpg
こちらは川下。一週間前は濁流がごうごうと流れていましたが、今は水不足気味!?
CIMG3283.jpg
今日は水曜日です。
実は嵐山は水曜日がお休みのお店がとても多いです。
電車にお休みがあるってなんか不思議な感じですけど、トロッコ電車も基本的には水曜日がお休みです。(もちろん観光シーズンはお休みなしです)
とはいえ、不定休のお店や「このお店お休みないんやろか??」と思うほどいつも開いているお店もあって、
水曜日だからといって楽しめないことは全然ありませんので、ご安心を♪
CIMG3281.jpg
京都の夏は暑いと敬遠されがちなのか、嵐山も今はなんだか人が少なくてさみしいです。
今ならゆっくり嵐山観光をしていただけると思いますので、みなさん、嵐山に遊びにきてくださ~い!!
follow me

ブログランキングです。よろしくおねがいいたします!
人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2010 07.08 老松さんの夏柑糖

老松という和菓子やさん御存じでしょうか??
正式には“有職菓子御調進所”という肩書がついています。
店舗は嵐山と北野の天神さんの近くにあります。
北野店では洋菓子を売っていたり、和菓子作りの体験教室をしていたりするそうです。
嵐山店は花筏を出て渡月橋を渡ってまっすぐ、美空ひばり座や天龍寺を越えてもう少し行くとあります。
こちらでは茶房もあり、注文ごとに本わらび粉を練り上げてつくられる本わらびもちなどをいただくことができます。
この老松さんに夏になると登場するのが「夏柑糖」
CIMG3218.jpg
夏みかんの果汁を寒天で固めたもので、とてもみずみずしく、さわやかな美味しさです。
CIMG3220.jpg
でもこちら、実はびっくりするお値段がします。一個1460円。
なぜこんなお値段なのか?
それはひとつひとつ手作りだからです。
皮を傷つけないように切り口から竹べらを介添えにして中の小袋を一つ一つ丁寧に指で取り出すそうです。
その後の工程ももちろん手作業です。
手づくりにこだわることによって夏柑糖のさっぱりした後味が生まれるそうです。
また、「夏みかん」自体が貴重なものになってきているということもあると思います。
最近は甘夏が多く出回っていますが、甘夏は夏みかんの改良種なんだそうです。
昭和四十五年ごろより産地の甘夏などへの移行やその後のグレープフルーツの自由化により、年々畑地が減少し、元産地の萩と和歌山県の一部に残るのみとなっているということです。
たしかによく考えると、「夏みかん」って聞きなれてはいるけど、見たことがないです。
この夏柑糖はほんの少し苦くて、後味はすっとさわやかな味です。
果汁がたっぷり入っているのでしょう。
きっと夏みかんもこんな味がするのでしょうね。
1460円出しても食べる価値は絶対あります!
是非一度御賞味下さい☆
CIMG3222.jpg
老松:http://www.oimatu.co.jp/
follow me

by Marshmallow Studio

ブログランキングです。よろしくおねがいいたします!
人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2010 05.26 ジェラートがすごいんです!

嵐山にジェラートのすごいお店があるの、ご存知でしょうか??
今年の春に本場イタリアで行われた
“第31回 国際ジェラートコンクール”でなんと世界3位!!になられたお店なんです。
これは日本初の快挙なんだそう☆
CIMG2954.JPG
それは、嵐山の渡月橋の北東角にあります、『新八茶屋』さんと言うお店。
見かけはほんとにふつ~のアイスクリーム屋さんという感じ。
CIMG2432.JPG
お二階は茶房になっていますので、こちらでも食べることができます。
このお店からの景色も最高で、ついでに言わせていただくと、当館も見えます♪
でもここ、ジェラートだけでなく、ソフトクリームもすごいんです。
今ではどこでも味わえるようになった「お抹茶ソフト」を京都で初めて考案されたお店なんです。
もちろんすべて自家製の手作り。お店の裏に工房があって、そこで作っておられるそうです。
ジェラートはすべて生の果物を潰した100%ストレート果汁を使用する、というこだわりぶり!
種類もすごく豊富なうえ、月や季節によって色々な味が登場しますので、何回行ってもなんの味にしようかめちゃくちゃ悩みます(^^;
CIMG2433.JPG
こんなすごいお店なのにお値段は全然高くありません。
ソフトクリーム 300円 (抹茶・京番茶・黒胡麻・秋には‘もみじ’などなど)
ジェラート   330円(塩キャラメル・ほうじ茶・ラムネ・トマト・杏仁豆腐などなど)
  ※賞をとられたピスタチオのジェラートは最高級のピスタチオが使われているため、500円です。
これからますますソフトやアイスが恋しい季節です。
嵐山に来られたら、絶対食べないと損ですよ!!
花筏からは渡月橋を渡るだけなのでとっても近いです♪
渡月橋を渡って左側が先日‘和・すい~つ’というタイトルのブログでお知らせしました「餡なしさくら餅」の『琴きき茶屋』さん、
  そのブログはこちら⇒  http://www.hanaikada.co.jp/blog/sb.cgi?cid=6
右側がこの、『新八茶屋』さん。
夕方6時までやっておられるので、チェックインされたあとでも余裕で買いに行けますね♪
(食べ過ぎてご夕食食べれないってことのないようにだけはご注意お願いしますよ!!)
さらに新八茶屋さんはお土産物やさんもやっておられますので、
おとなりで京漬物や八ツ橋などお買物も楽しめます。
さらにさらにその反対側ではレンタサイクルまでやっておられてとっても便利です♪嵐山散策に利用されてみてはいかがでしょう?
CIMG2431.JPG
当館では、夏休みのご家族旅行のお手伝いができたら、という思いで
7月からではございますが、
この『新八茶屋』さんのソフトクリームをなんとお一人様ずつ全員にサービスさせていただくプランを作りました☆
新八茶屋さんのご好意で、小学生以下のお子様はジェラートにも変更させていただけるということです。
大人のお客様も、ぶっちゃけ、ソフトとジェラートの差額、たった30円をお支払いいたきますと、ジェラートに変更可能です。
ご宿泊のお料金は基本の料金そのままですので、このプランは絶対お得です!!
ぜひ、ご利用下さいませ!!
【夏の京都嵐山満喫!】特典満載のファミリープラン  というプランです。
  詳細はこちら→http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/hanaikada/category/4303
新八茶屋さん: http://www.sinpachi.com/index.htm
     嵐山渡月橋の北西角(お土産物やさんがたくさんあるほう)にあります。
     花筏からは渡月橋を渡った左側。徒歩1分♪
     

2010 05.11 阪急嵐山駅から花筏まで

なんだか不思議の国に続いているような道だと思いません??
CIMG2842.JPG
ここは阪急電車の嵐山駅から花筏までのあいだに見られる風景です。
ご旅行で嵐山へお越しの方はどちらかというとJRのほうが多いですが、
大阪など関西圏からは案外阪急電車が便利です。
花筏は阪急嵐山駅からは徒歩5分でお越しいただけます♪
CIMG2846.JPG最近、外観がリニューアルされました☆
改札を出てそのまままっすぐ進みますと、道なりに右へゆるやかな坂が続きます。
そうするとすぐ、このポイント(この写真を撮っている場所です)にさしかかります。CIMG2838.JPGこれはそこから振り返って駅を見た景色です。
小さくて見えにくいですが、奥に駅があります。
ここからそのまままっすぐ砂利道へ入って行ったところが『中ノ島公園』です。
「公園」といってもあの、遊具などがある「公園」ではないですよ!
‘自然公園’などで使われる「公園」です。
この『中之島公園』はもちろん有名な観光地の一つですが、
それだけでなく、一年を通して様々なイベントの会場になる場所です。
例えば、
大文字の送り火の日、桂川で灯篭流しが行われます。
9月には嵐山音楽祭のメインステージになります。
12月の嵐山花灯路の時には美術大の方々の作品で飾り付けられ、いつもとはまた違った表情になります。
もちろん春には桜がとても美しいです。
観光のシーズンには屋台なんかも数件並びます。
私はここから見る渡月橋とその向こうの景色が好きです。
さて、先ほどのポイントに戻りましょう。
ここを道なりに左へ曲がってそのまままっすぐ、つきあたった道を右にまがりますとすぐ左手に花筏がございます。
でもその前に、このポイントにさしかかった時ちょっと右も見てみてください。
そうです、
CIMG2842.JPGさっきのこの景色はここから右を見ただけの景色なんです。
この先どうなっているのか気になりません??
実はこの道は桂川の堤防沿いの生活道路ですので、すこしすすむと、
CIMG2843.JPG
CIMG2844.JPGこのようになるんですね~☆
左にはCIMG2845.JPGこんな広場も。
ゴールデンウィーク中は、野球の練習にはげむ親子連れや、サッカーに熱中する若者たちでにぎわっていました。
ガイドブックには載っていないちょっとした風景も絵になるのが嵐山です。
今日は雨でしたので、より一層幻想的でしたよ。
今は新緑が本当に綺麗です。桜や紅葉とはまた違った景色をぜひ見にいらして下さい☆

2010 03.26 渡月橋のうんちく

花筏への手紙や荷物は“京都嵐山渡月橋南詰”で届きます。
そうです、当館は渡月橋のすぐ近くにあるのです。
そこで今日は『渡月橋』について少しご紹介しようと思います。
渡月橋』はご存じでしょうか?
「月が渡る橋」と書いて、そのまま「とげつきょう」と読みます。
京都が舞台のサスペンスドラマや時代劇には必ずと言っていいほど登場するあの橋です。
嵐山のシンボルといっても過言ではないでしょう。
「桂川」という川にかかっている橋ですが、渡月橋より上流は桂川ではなく、「大堰川・おおいがわ」と言います。
もう少し上流に行くと「保津川・ほづがわ」です。
CIMG2194.JPG
この渡月橋が架けられたのは836年、空海の弟子である道昌によると伝えられており、今より少し上流にあったそうです。現在の位置には1606年に角倉了以が架けたとされています。
現在の渡月橋は橋脚と橋桁は鉄筋コンクリート製ですが、
欄干部分は嵐山の風景にとけ込むように木造となっています。
そのため、ごくたまにですけど、自動車が欄干に衝突した際に欄干を破損して車が川に落ちてしまったりすることもあります。。。
地方へ行くと方角なんかさっぱりわからなくなりますよね。
その点、渡月橋は簡単です。
渡月橋はちょうど南北にかかっているんです。
南側が山手になりますので、花筏はその山のふもと、渡月橋のすぐ南側に
ある。というわけです。
花筏を出てそのまままっすぐ、渡月橋を北へと渡っていただきますと、
CIMG2195.JPG様々なお土産物やさんや美空ひばり座天龍寺竹林と盛りだくさんの観光スポットに行っていただけます。
渡月橋の上から大堰川を撮ってみました。
CIMG2193.JPG
桜や紅葉の時期は言うまでもなくとても美しい景色ですが、その分人や車の交通量もすごいです。
時期によっては一方通行などの交通規制がかけられることもございますので、お車で来られる際には事前にご確認いただくことをお奨めします。
でも一番のおすすめはお車ではなく、公共の交通機関、特に渋滞に関係ない電車をご利用いただくことです。
JRや嵐電の駅は渡月橋の北側、阪急電鉄は南側にあります。
嵐山観光をするのにとても便利な所にございます当館、
チェックイン前やチェックイン後のお荷物のお預かりもさせていただけますので、
どうぞご利用下さいませ☆
ブログランキングです。よろしくおねがいいたします!
人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2010 03.07 ex cafe の くろまる

フロントスタッフが「ブログで使って下さい」と言って、通勤途中のお店で
ロールケーキを買ってきてくれました☆
嵐電「嵐山駅」と花筏のちょうど真ん中あたり、どちらからも歩いて5分くらいのところにある、
巷で大人気のカフェ「eX cafe 京都嵐山本店」の『京黒ロール くろまる』です。
黒丸箱
残念ながら、私はまだ行ったことがないのですが^^ゞ
旧邸宅を改装し、とてもカフェとは思えない重厚な門構えが印象的で、
120坪の日本庭園を見ながらお茶をいただけるそうです。
CIMG2197.JPGCIMG2198.JPG
有機栽培抹茶のパフェなども人気があるんやそうですけど、この『くろまる』は人気ナンバーワンなんです♪
なぜかというと、まずはこの↓見かけ☆
黒丸出します
そうです、『京黒ロール くろまる』とは、その名の通り、真黒なロールケーキなんです。
生地に厳選した竹炭を練り込んであるのです。
その中には真っ白なクリームがたっぷり包み込んであります。
切りました
では、いただきます♪
いただきます
生地が「の」の字型ではなく、○なんですね。
パッと見は切れ目がないように見えて、どうなってんの!?と思いましたが、
よく見ると切れ目、ありました。
切れ目
ご案内に“口のなかでかすかにシャリっと、竹炭の食感が感じられます。”と
ありましたが、
皮自体はもちもちしていて、でも確かに食感というか、噛んでいると耳にシャリシャリという音を感じました。
クリームはなんとバナナ味!甘さ控えめで、ペロッと食べてしまえました。
他に、抹茶味のクリームもあるそうです。
ひとつ1260円です。
もちろん店内で食べることもできます。カフェset(ドリンク付き)950円です。
嵐山散策の時のお茶タイムに、お土産に、ぜひ一度ご賞味下さいね☆
ex cafe 京都嵐山本店:こちらの会社が経営しておられます。http://www.inden-style.jp/index.html
  花筏から渡月橋を渡ってまっすぐ、二筋目(ちょうど美空ひばり座のむかいあたり)
  を右に入ったところにあります。徒歩5分で行けます♪
京黒ロールはこちら:http://www.inden-style.jp/kuromaru

2010 02.28 ご参考になればいいのですが・・・

この、“嵐山散策のおすすめ”というカテゴリーでは、
花筏からだいたい徒歩で行けるくらいの範囲にあるお店を少しずつですがご紹介していこうと思います。
せっかく「京都の名勝」といわれる嵐山までお越しいただくのですから、
当日や翌日にはぜひ嵐山散策をしていただきたいと思っています。
なんといっても嵐山は観光地ですので、おみやげ物やさんや食べ物やさんはたくさんあります。
微力ながら、たくさんありすぎて迷った時なんかのご参考にでもしていただけたら嬉しいです。
とはいうものの地元民、かえって行く機会がないので実際に行ったことがあるお店はあんまりありません^^;(情報としてはばっちり知っているのですが)
これを口実に少しずつ開拓していこうと思っております。
そういうわけでで更新ペースはほんとにゆっくりかもしれません。気長にお付き合い下さい
記念すべき第一弾はベタなところで。。。
だけど一番におススメしたいお店です☆
JR嵯峨嵐山駅から徒歩1分のところにあります『SAGANO-YU(嵯峨野湯)』さん。
CIMG2220.JPG
たいていの情報紙に載っているカフェなんですが…
大正時代から続いていた銭湯が2004年に終わり、その面影を残したままカフェに生まれ変わったお店です。
店内には洗い場の名残で蛇口が残っていたり、番台がレジだったり、当時の体重計がそのまま置かれていたりしますので、それを探すのも楽しく、つい店内をきょろきょろしてしまいます。
本当は店内撮影禁止だそうなんですが、ブログでご紹介させてほしいということをお願いすると快く承諾して下さいまして、店内の写真とりまくらせていただきました♪
CIMG2202.JPGCIMG2201.JPGCIMG2205.JPGCIMG2206.JPGCIMG2207.JPG
入口付近には雑貨や紅茶なども売っています。
これは柄がおしゃれなてぬぐい。
CIMG2211.JPG
キッチン用品や紅茶の葉。真っ白な缶がかわいい♪
CIMG2203.JPG
CIMG2215.JPG
肝心のメニューですが、ドリンクもスイーツも〈和〉〈洋〉共にかなり充実しています。
紅茶好きさんにもコーヒー好きさんにもお抹茶好きさんにも喜んでもらえそう。
お抹茶だけでなく、ほうじ茶などのメニューもあります。
CIMG2200.JPG
もちろんランチもあります。
カレー・ホットサンド・スパゲッティーなど。
今回は「スパゲッティ・ジャパニーズ(900円)」をいただきました。
CIMG2212.JPG
長ネギと鴨がのっていて、お味は鰹だしが効いたやさしい和風味。“京都”を感じます♪
プラス200円で食後にコーヒーか紅茶をいただけます。
CIMG2214.JPG
さらにプラス300円で「嵐山カスタードプディング」「京都ブラウニー」などのデザートも付けられますが、もうお腹がいっぱいで注文できませんでした。。。
絶対またスイーツを食べに行きたいなと思っています☆
ここが元番台のレジ。
CIMG2217.JPG
店員さんはイケメンばかりです(^m^)みんなハンチング帽がお似合い♪
店長さんはお休みだったようで、この日の責任者の方でした。せっかくお写真撮らせていただいたのに、お名前お聞きするのを忘れました・・・
親切にしていただいてありがとうございました!
おまけ。もうひとりのイケメン店員さん☆
CIMG2218.JPG
CIMG2224.JPG
SAGANO-YU(嵯峨野湯)さん:http://www.sagano-yu.com/index.html
  JR嵯峨嵐山から徒歩1分。
  花筏からは徒歩15分くらいです。
  渡月橋を渡ってまっすぐ、天龍寺のあたりを右に曲がって突き当りです。
  途中にはお土産屋さんなどがたくさん並んでいますので、歩いても全く苦にはなりません。
日帰りで嵐山にお越しの方、花筏も御昼食やっております。
ぜひランチは花筏、お茶は嵯峨野湯さんというコースでお願いします(^_-)-☆
ブログランキングです。よろしくおねがいいたします!
人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

カレンダー

2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログ内検索