花筏ブログ

2011 06.10 嵐山若鮎祭でした。

ことしも『嵐山若鮎祭』が開催されました。
CIMG4855.jpg
場所は「いつ見てもやっぱりいい景色やなぁ」という景色が望める
中の島公園です。
ちょっと曇っていたので、愛宕山のてっぺんが見えませんでした。
CIMG4858.jpg
このイベントは保津川の鮎の解禁にちなんで、若鮎の炭火焼きを御試食いただけるというものです。
ただ、御試食いただくには事前に往復はがきでお申込みいただかなくてはならず、応募多数の場合は抽選になります。
お一人様につき鮎の炭焼き一串と、
今年からノンアルコールビールを一本です。
この大量のビールも終了時にはからっぽになります(^^ゞ
CIMG4856.jpg
鮎は嵐山の川魚屋さんが仕入れていけすトラックで運んできて下さいます。
その数1050匹!
CIMG4860.jpgCIMG4861.jpg
11時から13時までの開催となりますが、毎年10時半頃からたくさんの方がお並び下さいます。
鮎を調理したり焼いたりするのは地元・嵐山の料亭や旅館の調理人が協力して行います。
御近所さんといっても、調理人同士が顔を合わせるせることなどほとんどないので、この日は貴重な日です。
でもゆっくり話しているヒマもなく、作業に追われます。。。
竹串に刺された鮎は、、、
CIMG4866.jpg
ここで塩をかけられ、
CIMG4865.jpg
こんな姿に。
CIMG4869.jpg
CIMG4870.jpg
もちろん当館からも。
コロンとしていて可愛いこの彼です☆
CIMG4867.jpg
で、最終的にはこんな姿です。
CIMG4873.jpg
炭で焼くので、煙とニオイはなかなかのものです。
通りすがりの方にとってはさぞおいしそうな匂いでしょう♪
CIMG4875.jpg
ずっとそこにいるモノは服や髪に匂いがしみついて実はあとから大変です(^^ゞ
板場だけでなく、こっち側の鮎をお渡しする係の人達も嵐山・嵯峨野周辺のお店から借り出されている方たちです。
CIMG4872.jpg
毎年たくさんの方々がお並びくださいます。
CIMG4871.jpg
この若鮎祭は毎年、6月の第二木曜日に行われております。
募集はだいたいゴールデンウィーク明け頃から始まりますので、ぜひ来年はチェックして下さい!
京都新聞には必ず載りますが、それ以外の方は直接嵐山保勝会(あらしやまほしょうかい)までご連絡いただくのが一番早いと思います。
嵐山保勝会:http://www.arashiyamahoshokai.com/
follow me

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

過去の記事

ブログ内検索