このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

予約特典 日帰り温泉 各種オプション

京都府 嵐山温泉の旅館 花筏は、宿泊プラン、日帰りプランが豊富な旅館です。 併せて京都、嵐山、嵯峨野の観光情報も紹介していますので、日本の古都京都周辺への旅行の参 考にされてください。
京都嵐山での宿泊は、旅館花筏に是非お越し下さいませ。

温泉を利用する際に注意するポイント

温泉は私たちの身体に様々な効果を与えることは多くの方がご存知かと思いますが、温泉を利用する時のタイミングについてご存知の方は意外と少ないです。温泉を利用するタイミングを誤ってしまうと十分な効果が得られなくなりますし、場合によっては事故に繋がることもあります。

運動後の入浴は避ける

運動をして思いっきり汗をかいた後は、温泉にゆっくり浸かって疲れをリフレッシュさせたいと考える方がいますが、運動直後の入浴は避けるようにしましょう。運動中は血液が筋肉に集中しており、運動後も筋肉に蓄積した老廃物を排出しようと筋肉の血液量が増えます。血液量が増えている状態で入浴すると全身に血液が分散されてしまい、筋肉の疲れが解消しにくくなります。また運動後の入浴は心臓への負担も大きいので、運動後は休憩してから入浴するのがベストです。

食後の入浴は避ける

食事をした後は食べたものを消化するために血液が胃に集中します。そのため、食後に入浴してしまうと全身に血液が分散されるので、胃に送られる血液が別の部分に送られて消化不良を引き起こすことがあります。さらに食後の入浴はお湯の圧力によって胃が上へと押し上げられるので、食べたものが胃から腸へと送りにくくなります。入浴は食前がベストですが、食後に入浴する場合は1時間ほど休憩してからにしましょう。

飲酒後の入浴は避ける

お酒を飲むと血管が広がって血液の流れがスムーズになり、血液が皮膚の表面に集中して脳の血流が滞ってしまいます。入浴もお酒を飲んだ時と同様に血管が広がって血液の流れがスムーズになりますので、お酒を飲んだ後に入浴すると脳が貧血を起こす可能性があります。また心拍数のリズムも乱れてしまうので、心臓発作に繋がることもあります。お酒を飲んだ後の入浴は事故の元になるので、飲酒後は酔いが醒めてから入浴するようにしましょう。

京都に訪れるご予定がある際は、当館をご利用ください。豊富な部屋数をご用意していますので、家族旅行や社員旅行といった団体宿泊におすすめの旅館となっております。また団体宿泊のお客様にはご宴会場のご利用も可能であり、少人数から大人数まで目的に合わせたスペースをご提供いたします。団体宿泊は予約制となっていますので、プラン内容や料金を確認されたい方はお気軽にお問い合わせください。