このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

予約特典 日帰り温泉 各種オプション

京都府 嵐山温泉の旅館 花筏は、宿泊プラン、日帰りプランが豊富な旅館です。 併せて京都、嵐山、嵯峨野の観光情報も紹介していますので、日本の古都京都周辺への旅行の参 考にされてください。
京都嵐山での宿泊は、旅館花筏に是非お越し下さいませ。

温泉の様々な分類方法

温泉の定義は温泉法によって定められており、源泉の温度が25度以上かつ特定の成分が1つでも規定値に達しているものを温泉と呼びます。また温泉は3つの項目によって細かく分類されており、温泉の分類を知ることでより温泉を楽しむことができます。温泉はどのように分類されているのでしょうか。

源泉の温度による分類

温泉の湧出口のことを源泉と呼び、湧き出した時や採取した時の温度によって4つに分類されます。源泉の温度が25度未満の場合を冷鉱泉、25度以上34度未満を低温泉、34度以上42度未満を温泉、42度以上になると高温泉となります。温度が高くなると源泉に含まれる成分が濃くなりますが、成分が濃いと刺激が強くなるので水を加えて温度を調整することもあります。

水素イオン濃度による分類

水素イオン濃度とは温泉に含まれている成分のアルカリ性や酸性の度合いを示す数値のことであり、水素イオン濃度はphという記号で表示されます。日本ではph値の範囲は0から14まであり、数値が低いほど酸性度が高く、数値が高いほどアルカリ性度が高くなります。水素イオン濃度はph値が2未満を強酸性泉、2から3未満を酸性泉、3から6未満を弱酸性泉、6から7.5未満を中性泉、7.5から8.5未満を弱アルカリ性泉、8.5以上をアルカリ性泉と6つに分類されています。

浸透圧による分類

浸透圧とは濃度の低い溶液が濃度の高い方へ移動する力のことであり、浸透圧を持つ液体のことを等張液と呼びます。この等張液を基準に温泉を比べた際に等張液よりも浸透圧が低い場合を低張泉、等張液と浸透圧が同等の場合を等張泉、等張液よりも浸透圧が高い場合を高張泉と3つに分類されています。浸透圧が低いと温泉に含まれる成分が吸収されやすくなる傾向にあり、浸透圧が高いと温泉に含まれる成分が浸透しやすくなる傾向にあります。

京都にある当館では嵐山温泉と京料理が満喫できる旅館となっており、心ゆくまで嵐山を満喫できます。客室も和式はもちろんホテルのようなベッドタイプもご用意しており、アメニティもホテル同様に充実しているので観光の疲れを癒してくれる環境となっています。宿泊プランや日帰り温泉プランなどご希望に合わせて内容や料金がお選び頂けますので、京都で旅館やホテルをお探しの方はぜひご予約ください。