このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

予約特典 日帰り温泉 各種オプション

京都府 嵐山温泉の旅館 花筏は、宿泊プラン、日帰りプランが豊富な旅館です。 併せて京都、嵐山、嵯峨野の観光情報も紹介していますので、日本の古都京都周辺への旅行の参 考にされてください。
京都嵐山での宿泊は、旅館花筏に是非お越し下さいませ。

温泉効果を十分に堪能できる入浴方法

温泉をゆっくり堪能することで心身共に疲れを癒すことができます。日頃の疲れをとるために温泉旅行をする方も多く、温泉には身体に働きかける様々な成分が含まれています。こちらでは、温泉成分の効能をより効果的に感じるための入浴方法をご紹介いたします。

温泉に入る前の準備

温泉に入る前にはしっかり水分補給とカロリー補給を行いましょう。空腹時の入浴は貧血を起こす原因ともなります。旅館の部屋にはお茶やお菓子を置いていることが多いです。さらに水分補給をすることで血液の流れが良くなり、温泉の効能成分が肌を通して身体の中に取り込まれた際に血液と共に効率よく巡ってくれます。

入浴で温泉効果を十分に堪能しよう

湯船に浸かる前に、まずはかけ湯を行いましょう。かけ湯は心臓から遠い部位からお湯をかけていき、温泉の温度を身体に慣れさせます。湯船に浸かる際は温度の高い湯口側は避け、湯口の反対側からゆっくり入ります。急な血圧の上昇を防ぐために内風呂に入ってから露天風呂に入りましょう。また、入浴時間は温泉の温度や効能により異なりますが、長時間の入浴にならないように適度に休憩を取りながら入浴するように心掛けましょう。

温泉から上がるときに心掛けること

温泉成分は温泉から上がった後も肌に残り浸透していきます。より温泉の効能を楽しみたい方は最後に身体を洗い流す際、シャワーではなくあがり湯を行なうことをおすすめします。また、入浴にはエネルギーの消費や血圧の変動もあるので、入浴後は30分~1時間程休憩をとるようにしましょう。入浴時の発汗による水分不足にもなりやすいので水分補給も大切です。

京都にある当館では、社員旅行家族や親戚を集めての団体宿泊にもご利用頂けます。団体宿泊では泊まる部屋の数や宴会をする場所、お料理などのサービスも充実しており、お客様のご要望に合わせてご用意いたします。団体宿泊の場合は要予約になりますので、ご予約や料金などの詳しい内容の確認は当館までご連絡ください。