花筏ブログ
  • はじめに
  • 日帰り温泉プラン
  • 館内のご案内
  • 嵐山温泉
  • お食事
  • ご慶事・ご法要
  • 交通アクセス
  • 周辺観光
だいぶお休みしすぎました。申し訳ございません!
またご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


今日は渡月橋を渡ったむこうのお店に用事がありまして、自転車で出かけてきました。
やっぱり川の上は少し暑さが和らぎますね!!
橋の上を走っている時、川上の方からほんの少しではありますが涼しい風が吹いてきて、行き返る心地でした(*^^*)

保津川下りもとても気持ちがいいでしょうね♪

渡月橋のど真ん中から川上を望む☆
CIMG3282.jpg

こちらは川下。一週間前は濁流がごうごうと流れていましたが、今は水不足気味!?
CIMG3283.jpg


今日は水曜日です。
実は嵐山は水曜日がお休みのお店がとても多いです。
電車にお休みがあるってなんか不思議な感じですけど、トロッコ電車も基本的には水曜日がお休みです。(もちろん観光シーズンはお休みなしです)

とはいえ、不定休のお店や「このお店お休みないんやろか??」と思うほどいつも開いているお店もあって、
水曜日だからといって楽しめないことは全然ありませんので、ご安心を♪
CIMG3281.jpg

京都の夏は暑いと敬遠されがちなのか、嵐山も今はなんだか人が少なくてさみしいです。
今ならゆっくり嵐山観光をしていただけると思いますので、みなさん、嵐山に遊びにきてくださ〜い!!



follow me






ブログランキングです。よろしくおねがいいたします!
人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
嵐山散策のおすすめ | comments (0) | trackbacks (0)
先日の金曜日はエースJTBさんの『いとをかし 女将おすすめ 夏号』の当番日で、京都駅前のひふみ旅館の女将さんと乗車してきました。
この日は梅雨空の中、26名様というとても多くのお客様にご乗車いただきました。ありがとうございました!!

9:45 新・都ホテルのバス乗り場に集合、10:00 出発。

今回のコースは少しでも涼んでいただこうと、京都市内でも北の方、鷹峰(たかがみね)や上賀茂と呼ばれている地へ御案内させていただきます。

まず一軒目は『大徳寺大仙院』。

CIMG3232.jpg

大徳寺は敷地がとても広く。甲子園球場6個分の広さがあるそうです。(関西は東京ドームではなく甲子園球場で広さを表します(笑))

大仙院は国宝特別名勝で、室町時代に創建された大徳寺のなかでもとくに地位の高い名刹です。
豊臣秀吉さんと千利休さんがお茶をのまれたお部屋などがあり、そのお部屋が床の間の始まりだといわれていて、茶道ともつながりが深いお寺です。

禅寺ですので枯山水庭園です。副住職様がこのお庭などの説明をしてくださいます。とてもおもしろく楽しく、でもちゃんと心に残ります。
住職様はさらにひょうきんな方で、以前はテレビにも出演されていたそうですが見覚えありますでしょうか?
CIMG3230.jpg
とてもとてもいいお言葉をたくさん書かれています。
ここでご紹介できたらいいのですが、勝手にご紹介したらあかんと思いますので、やめときます。
次回京都へお越しになる時は是非ご自分で行ってみて下さい☆


ではお次。
しょうざん 光悦芸術村 というところで御昼食です。
広い近代日本庭園がありますので、そちらをご覧いただくこともできます。
CIMG3234.jpg
ここには中華・和食・洋食・とり料理 のお店がありますので各自でお取り下さい。
敷地内を流れる紙屋川ぞいに「渓涼床」というのもあって、雨が降る中けっこうたくさんの方が来てはりました。
肌寒く感じるほど涼しくて、やっぱり市内とは全然違いました。


13:20 しょうざんを出発し10分ほどで『源光庵』へ。
CIMG3235.jpg
曹洞宗のお寺で、本堂前に広がる枯山水庭園を四角い「迷いの窓」と丸い「悟りの窓」から観賞することができます。
お庭はとても美しく、前にすわってずっと眺めていたい気分になります。

悟りの窓
CIMG3086.JPG
迷いの窓
CIMG3087.JPG
紅葉がたくさんあるので、秋もさぞかし美しいことだろうと思います。

そしてこのお寺のもう一つの特徴は本堂の天井が伏見城の遺構と伝えられ“血天井だということです。

1600年7月徳川家康の忠臣・鳥居元忠一党千八百余人が石田光成の軍勢と交戦したが討死し、残る三百八十余人が自刃したときの痕跡で、
何か所かのお寺に分けて供養のために天井に吊るしたというものです。
初めて拝見しましたが、かなりはっきりと足形が残っていてびっくりしました。無念さが感じられる気がしました。。。
一度御自分の目で見てみて下さい。

最後は世界文化遺産にも登録されています、上賀茂神社。正確には『加茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)』といいます。
CIMG3237.jpg
厄除け、方除け、電気の守り神、必勝の神様として信仰を集めていますが、
縁結び、子宝の神様もいらっしゃいます。
本殿・権殿はともに流造の典型として国宝に指定され、他の41棟は重要文化財となっています。

その後、京都ホテルオークラ前、高台寺前で下車されたい方をお降ろしして、
新・都ホテルに16:30頃到着です。
大変お疲れ様でございました!

このコースけっこう歩きますので、これからご参加くださる方は歩きやすい靴でお越し下さいませ☆

今回ご一緒させていただきましたお客様、無事お帰りになりましたか?
本当にありがとうございました。もう少しゆっくりお話できたらよかったのですが・・・
京都の旅はいかがでしたでしょうか?
雨が多く、蒸し暑い日が多かったですが、これに懲りずにまたぜひお越し下さいませ!
またお会いできす事を願っております。
次回は旅館にご宿泊、お約束ですよ☆
「若」女将です | comments (0) | trackbacks (0)
老松という和菓子やさん御存じでしょうか??
正式には“有職菓子御調進所”という肩書がついています。

店舗は嵐山と北野の天神さんの近くにあります。

北野店では洋菓子を売っていたり、和菓子作りの体験教室をしていたりするそうです。
嵐山店は花筏を出て渡月橋を渡ってまっすぐ、美空ひばり座や天龍寺を越えてもう少し行くとあります。
こちらでは茶房もあり、注文ごとに本わらび粉を練り上げてつくられる本わらびもちなどをいただくことができます。

この老松さんに夏になると登場するのが「夏柑糖」
CIMG3218.jpg

夏みかんの果汁を寒天で固めたもので、とてもみずみずしく、さわやかな美味しさです。
CIMG3220.jpg

でもこちら、実はびっくりするお値段がします。一個1460円。
なぜこんなお値段なのか?

それはひとつひとつ手作りだからです。
皮を傷つけないように切り口から竹べらを介添えにして中の小袋を一つ一つ丁寧に指で取り出すそうです。
その後の工程ももちろん手作業です。
手づくりにこだわることによって夏柑糖のさっぱりした後味が生まれるそうです。

また、「夏みかん」自体が貴重なものになってきているということもあると思います。
最近は甘夏が多く出回っていますが、甘夏は夏みかんの改良種なんだそうです。
昭和四十五年ごろより産地の甘夏などへの移行やその後のグレープフルーツの自由化により、年々畑地が減少し、元産地の萩と和歌山県の一部に残るのみとなっているということです。

たしかによく考えると、「夏みかん」って聞きなれてはいるけど、見たことがないです。
この夏柑糖はほんの少し苦くて、後味はすっとさわやかな味です。
果汁がたっぷり入っているのでしょう。
きっと夏みかんもこんな味がするのでしょうね。



1460円出しても食べる価値は絶対あります!
是非一度御賞味下さい☆

CIMG3222.jpg

老松:http://www.oimatu.co.jp/





follow me
by Marshmallow Studio






ブログランキングです。よろしくおねがいいたします!
人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
嵐山散策のおすすめ | comments (0) | trackbacks (0)
私事で恐縮ですが、先日母の還暦祝いで三重県の長島リゾートへ行ってきました。

温泉施設があって、アウトレットがあって(これがまた、大きい!)、それはそれはすごいリゾート地でした。

翌日は子供のために長島スパーランドで少し遊び、その後行った『なばなの里』がとても素敵でした!!

なばなの里』とは、長島リゾートのひとつので、わかりやすく言うと植物園です。

クリスマスのイルミネーションがすばらしいことで有名で、
関西でもよくテレビコマーシャルをしていて聞きなじみはあったのですが、行ったのは初めてです。

園内には10件くらいレストランもあり、広さにびっくり。
別料金ではあるけど、「ベゴニアガーデン」には絶対行くべき!といううわさを聞いていたので、うわさを信じて行って見ました。

行って正解☆
見たことがない光景が広がっていました。
CIMG3163.jpg

ベゴニアというと小さい花を想像していましたが、てのひらほどの大輪の花が色とりどりに咲いておりました。
CIMG3164.jpgCIMG3165.jpgCIMG3171.jpgCIMG3168.jpg

温室なので暑いかと思っていましたが、ベゴニアはアンデスの高所に咲いている花だそうで、意外と涼しくて快適でした。

こちらは「ホクシア(フクシャ)」という花。
主にヨーロッパやアメリカにたくさんあって、
このかわいらしい花の形から女王の耳飾りとよばれているんですって。
原産は中南米の高地低木なので、夏の暑さは少々苦手なんだそうです。
CIMG3172.jpg
CIMG3173.jpg
CIMG3177.jpg

「ストレプトカーパス」という聞きなれない花です。
なんと鮮やかな色合い!
CIMG3183.jpg
色によって名前が違うのでしょうか?これは「‘07」とついていました。
CIMG3186.jpg
これは「スターダスト」。納得!
CIMG3187.jpg

途中でいったん外に出て、バラ園まで楽しめました♪
CIMG3189.jpgCIMG3194.jpg
ここにも色とりどり、いろいろな種類のバラが咲き誇っていてとても綺麗でした☆
CIMG3190.jpgCIMG3193.jpg

出口にはちゃっかり家庭用ベゴニアを販売していました。そう、ベゴニアっていったらこんなイメージ!
CIMG3203.jpg

ベゴニアガーデンの次はあじさい園へ。
ここもまた、すごい!!こんなにたくさんのあじさい、初めて見ました。
でもここは季節によって花が変わるそうで、あじさい園はこの日が最終日でした。
CIMG3214.jpg
CIMG3216.jpg

あじさいにもいろんな種類があるんですね。
CIMG3205.jpg
これはポップコーンというらしいです。CIMG3212.jpg

その後、駐車場横にあるとても大きな花市場で買い物をして帰りました。
新名神高速道路ができたおかげで、三重県桑名市から京都市嵐山までたった2時間で帰れてしまいます♪
新名神はほんとに便利です。



follow me




ブログランキングです。よろしくおねがいいたします!
人気ブログランキングへブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
「若」女将です | comments (0) | trackbacks (0)
勝手ながら、本日7月6日は休館日とさせていただいております。

せっかく御予約のお電話をいただいておりましたのに、
御予約をお受けできずに申し訳ございませんでした。

昼以降は電話も留守電になりますが、御用件とお電話番号を入れておいていただければ、明日こちらからお掛けなおしさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

明日以降はしばらく休みなしで営業いたします。
またたくさんのお客様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
花筏からお知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

七月のお献立

毎日蒸し暑い日が続き、夏が待ち遠しい今日この頃です。
今日は七月のお献立をご紹介です。

日本料理は着物と同じように季節を先取りしますので、
今月のお献立はたっぷり夏を感じられる内容になっております♪

      箸割・八寸・向付

7月献立.jpg


箸割:夏野菜と鶏卵 コンソメ寄せ 
       中に温泉玉子が入っておりますので、スプーンで混ぜてお召し上がり下さい。お子様にも大好評の一品です。

八寸:法月盛り・枇杷玉子・枝豆塩湯掻き・利休麩白和え・蛸小豆煮
      法月盛りとは、法月(ほうづき)の皮(?)を器にしてあるものなのですが、
      今の若い人はほうづきってなじみがないんですねえ。。。
      うちの若いスタッフが「これ、花ですか?」と聞いてきました。。。もう少し勉強させときます^^ゞ

向付:鱧焼き霜造り・鯛重ね切り・鮪角切り  
      

申し訳ありません、今月のお写真はお料理をお客様にお出しする順番ではございませんので、順番は御想像してみて下さいね。

こちらは   奥:焼物   右:進肴   左:台物
7月献立.jpg
焼物:香魚踊り焼   あしらい
       香魚はやはりこの季節ですから、鮎です。
       あしらいは途中変わる可能性がありますが今のところ、セロリの浅漬けです。
       これは当館の板長が考案し、わざわざお漬物屋さんにお願いして特別に作ってもらっているものです。
       セロリが苦手な方も一度チャレンジしてみて下さい。

進肴:和牛煮付け   玉葱・馬鈴薯

台物:桂川の川遊び
       春子・澤蟹・手長蝦・南場・獅子唐・甘芋・舟形素麺・葛切り
       の天ぷらです。
       夏を迎えた桂川で生き物が遊んでいるところをイメージして考えました。
  

   左:強肴 右:蓋物 
7月献立3.jpg

強肴:鰻ざくざく   鰻蒲焼き・糸瓜・胡瓜・刻み茗荷    
蓋物:冬瓜青煮   焼目鱧鳴門・人参・友地ジュレ掛け


その日の仕入れによって、多少変わることもございますので、その際はどうぞご了承ください。

すべてのお泊りのお客様の基本的なお料理でございますが、
プランやご宿泊のお料金によって品数などが変わりますので、ご了承ください。
御昼食など、日帰りでお越しいただく際のお懐石料理も基本的にこのお料理になります。

暑さに負けずに、ぜひ嵐山へお越し下さいませ☆
7月献立全部.jpg
花筏からお知らせ > お献立☆ | comments (0) | trackbacks (0)
今日は富士山は山開きやったそうですね。御来光を拝むとか。

嵐山は川開きです。これによって嵐山は夏を迎えます☆
ひとつ前のブログでもお知らせしましたとおり、本日7月1日より嵐山鵜飼が始まりますが、
その前に鵜飼の北乗り場でCIMG3161.JPG
車折神社の宮司による神事が行われます。
CIMG3125.JPG

御祈祷のあと、櫂(かい)の授与、CIMG3127.JPG
松明(たいまつ)の点灯です。
CIMG3129.JPG
CIMG3134.JPG

その後、雷が鳴り響く中でしたが、いよいよ出船。
贅沢なことに、今日は祇園祭の大船鉾のお囃子がBGMです♪
CIMG3138.JPG

乗合の屋形船は船頭さんが一人であやつらはります。
CIMG3141.JPG
川の水や水草の状態によって、見やすいところに連れて行って下さいます。
一列に並んで待っていると、鵜飼船が前を通っていってくれます。
CIMG3154.JPG
CIMG3150.JPG
CIMG3153.JPG

鵜が魚を探しているところ、鵜飼さんの掛け声などはもちろん見ごたえがありますが、うまく魚をとった瞬間は実はそんなに見れません。
でも、嵐峡から吹いてくる風はとても気持ちがよく、
かがり火に浮かぶ景色や他の屋形船の提灯の明かりに千年の歴史を感じ・・・とても幻想的な気分になります。
CIMG3157.JPG
この屋形船についている提灯の明かりは本物のろうそくの明かりです。
平安時代から変わらない明かりですよね。CIMG3152.JPG

乗船時間は一時間弱と短いですが、つかの間の優美な時間をぜひお過ごしになってみて下さい☆

嵐山鵜飼、嵐山の夏の風物詩です。
期間は7月1日〜9月15日まで。
時間は午後7:00〜9:00(9月は午後6:30〜8:30)の間、
嵐山渡月橋の上流の大堰川で行われております。

鵜飼見物の乗合船は一日二船、午後7時と8時(9月は午後6時30分と7時30分)出船です。
料金は大人1700円 小人(4歳〜12歳)850円 。

その他事前に予約が必要ですが、貸切船もございます。(16人乗り40,000円から)

乗船場は北乗船場と南乗船場の二か所で、南乗船場は当館のすぐそばでございます♪徒歩一分もかかりません。
なので、ご夕食の後などにお気軽にお楽しみいただけます。
御予約は当日でOK!
本日お泊りいただいているお客様もさっそく乗りに行かはりました。

夏の嵐山の思い出に、ぜひ☆
CIMG3139.JPG
季節のイベント | comments (0) | trackbacks (0)